トリキュラー通販の秘密を知っている女性

低用量ピルの働き

トリキュラーのシート

低用量ピルは女性が実施する避妊方法のひとつで、99.9%というかなりの高確率で望まない妊娠を妨げることができます。低用量ピルは日本ではまだまだ認知度が低い避妊方法で、日本国内ではコンドームによる避妊の方が圧倒的に多いのが現状ですが、低用量ピルの作用を見てみると明らかにコンドームより合理的だと言えます。

低用量ピルは1日1錠服用するもので、小さな丸い錠剤なのですが、その中には女性ホルモンに似た成分が含まれています。これを女性が経口摂取すると、体内の女性ホルモンバランスが人工的に調整されて、脳が妊娠していると勘違いすると言われています。妊娠したと思った脳は女性ホルモンの分泌を抑えるので、排卵が抑制されたり受精卵の着床が抑えられます。

妊娠をするにはまず排卵が起こる必要があるのですが、女性バランスが調整されて排卵が抑制されれば、精子が子宮内部に入ってきたとしても受精する心配がありません。仮に排卵が起こったとしても、低用量ピルの作用で女性ホルモンがコントロールされていれば、子宮の壁が厚くなることが防げるので、その結果受精卵が着床しにくくなるのです。

低用量ピルは毎日1錠ずつただしく服用していれば99.9%の確率で妊娠を回避できるとされています。コンドームの妊娠防止率が85〜92%程度なので、それと比較するとかなりの高確率で妊娠を回避することができるのです。

欧米ではあたり前のように使用されている低用量ピルですが、日本ではさまざまな要因で低用量ピルの認知度が低い状況です。産婦人科を受診すればトリキュラーという低用量ピルが処方されるのですが、実は海外製医薬品の通販サイトを通して外国から個人輸入することもできるのです。