トリキュラー通販の秘密を知っている女性

低用量ピルの使用場面

カレンダー錠の予定

低用量ピルは日本における認知度がわずか4%しかないと言われています。コンドームを使用して避妊するというカップルが圧倒的に多い日本は、性教育の遅れなどの要因で欧米より低用量ピルへの関心が薄いのが現状です。低用量ピルが何なのか知っている人でも、低用量ピルはただ単に妊娠を避けるものだと思っている人が多いのですが、低用量ピルができるのは避妊だけではないのです。

例えば、生理日が大事な予定と被ってしまう恐れがあるとき、低用量ピルを服用することで生理が起こる日を調整することができるのです。旅行に行く場合やレジャーに出かける場合、生理になってしまうと不都合が出てしまうのですが、生理の日が変更できれば思う存分楽しむことができるでしょう。低用量ピルの飲み方を工夫するだけで、生理日を前倒しすることもできるし後ろに倒すことも可能です。

女性の多くは生理が近づくとPMS(月経前症候群)といった病気に悩まされるのですが、これが起こると頭痛や憂鬱な気分、イライラ、腹痛など実に不快な症状が現れてしまいます。これらの症状は女性ホルモンのバランスが乱れることによって起こるのですが、低用量ピルを飲むことで女性ホルモンのバランスが一定に保たれるので、PMSの症状が緩和されると言われています。

また、生理中の出血の量には個人差があるのですが、中には生理の出血量が多すぎてナプキンを変えるのが大変だったり、貧血気味になったりする方もいます。そのような女性が低用量ピルを服用すると、かなりの確率で出血量が減って生理中も快適に過ごせるようになるのです。このように、低用量ピルは避妊はもちろん色々なメリットを持っているので、生理や避妊で悩んでいる女性は検討してみると良いでしょう。