トリキュラー通販の秘密を知っている女性

日本でピルが流行らないのは

なぜ低用量ピルが流行らないのか疑問に感じる女性

欧米では女性が避妊目的で低用量ピルを服用することはごく普通のことです。スイスに関して言えば女性の低用量ピル服用率は40%を超えると言われています。一方で日本では低用量ピルを服用している女性はごくわずかであり、そもそも低用量ピルが何なのか知らない、きいたこともないという女性もいるのです。

なぜこんなにも日本では低用量ピルの認知度が低いのかというと、ひとつは性教育の遅れがあります。日本の学校では性教育はほとんど行われることがなく、学校で避妊について話す時もコンドームの使用方法を教えるだけで低用量ピルの存在を教える先生がほぼいないと言われています。

日本で低用量ピルが流行らない原因は他にもあり、厚生労働省が海外で開発された医薬品に懐疑的である点もあるでしょう。低用量ピルを含めて多くの医薬品が海外の製薬会社によって開発・販売されているのですが、厚生労働省がそれらに対して厳しい目を向けているため、なかなか国内での販売許可が下りないのです。

低用量ピルと一口で言っても色々な種類があり、日本で許可が下りていてよく処方されているのが「トリキュラー」というドイツ製のピルなのですが、ピルの中でも安全性が高く、正しく服用していれば99.9%の確率で避妊に成功すると言われています。しかし、性教育の遅れや中絶のリスクなどに対する認識が薄い日本では、トリキュラーの存在を知っている女性は多くないのが現状です。

トリキュラーは日本の医師たちからも比較的信頼されている避妊薬であり、避妊効果だけでなくPMSの改善や美肌効果も期待できるので、生理や避妊に不安を感じている女性は一度医師に相談してみることをお勧めします。トリキュラーなら個人輸入の代行を手掛ける通販サイトでも販売されています。